わき腹ダイエットにダンベル体操

わき腹ダイエットに効果的なダンベル体操を紹介します。

ダンベル体操は、ゆっくりした動きで筋肉を刺激し「赤筋」を増加させ脂肪燃焼を促します。ここに紹介するわき腹ダイエット・ダンベル体操は、上半身をひねることでわき腹を引き締める効果があります。

わき腹ダイエットにダンベル体操

★わき腹ダイエットにダンベル体操
1.ダンベル体操基本姿勢で立ちます。イスに座ってダンベル体操をすることもできます。(参照:部分痩せにダンベル体操
2.ダンベルは両手にぶら下げるように持ちやや体から離し、肩の力を抜きます。
3.わき腹をひねるつもりでゆっくり大きくダンベルをふります。このとき顔は正面を向けたままで、ダンベルを振り回わさないように
4.体をひねったとき、ひねった側の膝は軽く曲げます。
  膝の位置は動かさないようにするとシェイブアップ効果が上がります
5.体を正面に戻し、今度は反対側にひねります
  このダンベル体操ではわき腹に意識を集中します。

わき腹ダイエット・ダンベル体操は左右交互に20回~30回で1セットです。
慣れないうちは、きつく感じるかもしれません。はじめは少ない回数から始め、徐々に回数を増やしてもかまいません。

★わき腹ダイエット・ダンベル体操効果的な回数
ダンベル体操は、わき腹ダイエット体操だけでなく太もも痩せダンベル体操バストアップにダンベル体操など全12種目もある全身体操です。
1日に1セット(12種目)を一通り行うのが理想的ですが、部分痩せをねらって必要な体操だけでもかまわないでしょう。
体操をするタイミングは、部分痩せ運動お勧めタイミングを参照下さい。

ダンベル体操をする前にはしっかり準備運動をしておきましょう。
急に体を動かすと、ケガをしたり筋を痛めることもあります。
ダンベル体操の基本は「部分痩せにダンベル体操」をご覧下さい。

◎ダンベル体操の注意事項
1.基本姿勢とダンベルの握り方を守る
2.ダンベルを重くするよりも、握りを強くするほうが運動効果が高い
3.ダンベルはゆっくり動かす
4.ひじや膝が伸びきる前に反対動作を始める
5.部分痩せしたい筋肉に意識を集中する
6.運動回数は無理なくできる回数からスタート、毎日1度は実行
7.効果があらわれるのは3ヶ月はかかる

ダンベル体操にスリミングクリームを加えるとダイエット効果が高まる

ダンベル体操はわき腹ダイエットに有効ですが、さらに効果を高めるものに
スリミングクリームを痩せたい部分にすり込みむ方法があります

無駄な脂肪を効果的に燃焼させるダイエットクリームはこちら
->ビーグレン スリミングクリーム